オンライン英会話を選ぶとしたら、価格、予約可能時間帯、講師の質どれが重要?

オンライン英会話スクールを選ぶ基準は?

世間にはたくさんのオンライン英会話スクールがあり、

多種多様なため、いざ始めようと思っても色々目移りして

どこを選んでいいか分からないという方は少なくないのではないでしょうか。

また、選ぶ基準も様々で、

例えば「○○スクールの△△という学習法で学びたい!」というような

はっきりとした動機がない場合、何を決め手としたらいいかも迷ってしまいがちです。

そこで、今回は価格、予約可能時間帯、講師の質のうち

どれを基準にするのがいいかを考えてみましょう。

価格

偏にオンライン英会話と言っても価格が高いものから安いものまであります。

当然ながら安ければ安いほど有り難いものの、

安さにばかりこだわると内容が疎かになってしまいがちです。

オンライン英会話の価格の多くは、

レッスンプランや講師がネイティブであるかなどで決められています。

1日あたりの受講時間や1ヶ月あたりの受講日数によって変動し、

時間や日数が増えれば価格も増します。

また、フィリピン人や日本人などの非ネイティブ講師のレッスンより

ネイティブ講師のレッスンのほうが割高な傾向にあります。

予約可能時間帯

最近は生活も多様化し、早朝や夜中のレッスンを希望する方が増えています。

それに合わせてスクールも早朝から夜中までレッスンを受け付けており、

中には24時間受講できるところもあります。

予約可能な時間帯が短いスクールがない訳ではありませんが、

大抵の場合かなり幅を持たせて設定されていますので、

時間帯次第で登録の可不可が決まるという事は少ないようです。

講師の質

先程も述べましたが、講師にはネイティブと非ネイティブがいます。

ネイティブは話す英語の発音やアクセントが独特で

本場の英語を教えてもらえますのでネイティブを希望する方も多く、

それが料金にも表れているという訳ですが、

講師の質はネイティブか否かだけで測れるものではありません。

スクールによっては、教員免許取得者、英語教師経験者、日本語を話せる、

などを条件として講師を採用しているところもあれば、

採用後も研修や試験を実施しているところもあります。

また、講師も集中してレッスンに取り組めるように、

在宅ではなくセンター勤務が必須というところも。

ネイティブか否かは問わず、それぞれのスクールが独自に講師力の向上に努めているのです。

以上の事から、オンライン英会話を選ぶ際は講師の質を重要視してみる事をオススメします。

いくら安価だったりレッスン時間がライフスタイルに最適だったりしても、

講師の質が悪ければ上達は見込めないでしょう。

逆に、安価でなくても良い講師に教われば習得までの受講期間が短縮できて、

最終的にかかる合計受講費が安く済むかもしれません。

また、限られた時間の中で効果的に学べるレッスンをしてもらえれば

予約可能時間帯にこだわって回数をこなす事に躍起になる必要もありません。

質の高い講師に学ぶ事はオンライン英会話での学習に欠かせない要素なのではないでしょうか。

ただビジネスマンなら、オンライン英会話以外の選択肢もあります。

それは、英会話スクールの料金を国に出してもらうという裏技です。

なんと、教育訓練給付金 ライザップなどあるんですよ。